前庭神経炎

前庭神経炎

 前庭神経炎とは、急激に内耳の前庭神経に障害が起こる耳の病気です。
 前庭神経とは前庭器(耳石器と三半規管を合わせた部分)と脳をつなぐ神経のことです。ここが障害されることで激しいめまいが起こります。

 

症状

 前庭神経炎になると、突然、起きあがれないほどの激しい回転性のめまいが起こります。めまいは数時間から数日間続きます。前庭神経は、平衡感覚に関係する情報を脳に伝える働きがありますが、この神経が傷ついてめまいが起こります。体のバランスがとれなくなって、歩けなくなることもあります。
 患者さんは30〜60歳代に多く、じっとしていてもめまいが続くのが特徴です。難聴や耳鳴りは伴わず、強い吐き気を伴うことがあります。
 激しい嘔吐とめまいで、重病ではないかと心配になる方が多いですが、前庭神経炎による激しいめまいは2日〜1週間程度で治まります。その後もふらつきや吐き気が続き、完全に症状が消えるまでは1〜3ヶ月以上かかることもあります。ほとんどの場合完治しますが、まれに前庭神経の働きが完全には回復しないこともあります。

 

めまいの起こり方

 突然、グルグル回る回転性めまいが起こります。起き上がれないほど激しいもので、じっとしていてもめまいが続きます。めまいは数時間から2、3日続きます。

 

原因

 風邪の後などに発症するケースが多いことから、ウイルス感染や血流障害が原因ではないかと考えられていますが、確かなことは不明です。性別や年代に関係なく発症します。

 

受診

 耳の病気ですので、耳鼻咽喉科で診てもらいましょう。

 

検査

 めまいで現れる特徴的な眼球な動きを調べる眼振検査や、耳の中に少量の水を入れて反応を調べる温度刺激検査を行います。
 脳の病気との鑑別のために、CT検査やMRI検査などの画像検査が行われることがあります。

 

治療

初期はなるべく安静を保ってください。
 次の薬を投与することがあります。

 症状がひどい時は入院する場合もあります。

 

 めまいが治まったら、リハビリを開始します。「目を閉じて立つ」「その場で足踏みをする」などの平衡機能を鍛える運動(平衡訓練)を行います。強いめまいを経験した後に体を動かすのは不安かもしれませんが、積極的に体を動かすことが早い回復に繋がります。

 

前庭神経炎関連ページ

内耳性めまい
内耳性めまいの症状、原因、治療について説明します。
良性発作性頭位めまい症
良性発作性頭位めまい症の症状、原因、治療について説明します。
中耳炎
中耳炎の症状、原因、治療について説明します。
メニエール病
メニエール病の症状、原因、治療について説明します。
突発性難聴
突発性難聴の症状、原因、治療について説明します。
外リンパ瘻
外リンパ瘻の症状、原因、治療について説明します。
脳卒中・脳梗塞・脳腫瘍
元の病気が脳卒中・脳梗塞・脳腫瘍である場合の、めまいの症状、対処法を紹介します。
椎骨脳底動脈循環不全
椎骨脳底動脈循環不全の症状、原因、治療について説明します。
脳梗塞の後遺症
脳梗塞の後遺症の症状、原因、治療について説明します。
頸性めまい
頸性めまいの症状、原因、治療について説明します。
起立性低血圧(立ちくらみ)
起立性低血圧の症状、原因、治療について説明します。
起立性調節障害
起立性調節障害の症状、原因、治療について説明します。
食後低血圧
食後低血圧の症状、原因、治療について説明します。
甲状腺機能低下症
甲状腺機能低下症の症状、原因、治療について説明します。
骨粗鬆症
骨粗鬆症の症状、原因、治療について説明します。
鉄欠乏性貧血
鉄欠乏性貧血の症状、原因、治療について説明します。
自律神経失調症
自律神経失調症の症状、原因、治療について説明します。
心因性めまい
心因性めまいの症状、原因、治療について説明します。
片頭痛性めまい
片頭痛性めまいの症状、原因、治療について説明します。
加齢性平衡障害
加齢性平衡障害の症状、原因、治療について説明します。
ハント症候群
ハント症候群の症状、原因、治療について説明します。