めまいの問診

めまいの問診

 めまいの問診では、診断に必要な情報を正しく伝えることが大切です。

 

 受診の前に以下のポイントについて答えられるようにしておきましょう。

  • めまいが起きたのはいつですか?
  • めまいはどこで起きましたか?
  • めまいが起きた時、何をしていましたか?
  • どんなめまいが起きましたか?(グルグル回る、フワフワする、クラッとするなど)
  • めまいはどれくらいの時間続きましたか?
  • めまいは何回も続きましたか?何回続きましたか?
  • めまい以外の症状はありましたか?(耳鳴り(左・右)、難聴(左・右)、吐き気、耳の詰まる感じ(左・右)、頭痛など、その他症状があればそれも)
  • めまいのきっかけは何ですか?(動くものを見た時、頭や首を動かした時など)
  • 最近、疲れが溜まっていましたか?
  • 最近、ストレスを感じていましたか?
  • 最近、睡眠不足でしたか?
  • 最近、大きな出来事がありましたか?
  • 現在飲んでいる薬は何ですか?どのくらいの量を飲んでいますか?

 

めまいの問診関連ページ

めまいを診てくれる病院
めまいを診てくれる病院とその探し方を紹介します。
聴力検査-めまいの検査
原因が耳にある場合は、難聴を伴うこともあるので、一般的に聴力検査を行います。
平衡機能検査
体のふらつきや偏りをみて、平衡を保つ機能がどのくらい障害されているか調べます。
眼振検査
眼振の現れ方を分析することで、異常のありかを推察することができます。